不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

積み木の街

家賃債務保証会社を活用

レディ

家賃債務保証会社を利用することで、今まで連帯保証人が必要だった賃貸住宅への入居が可能になります。一人暮らしの高齢者や、日本へ出稼ぎに来ている外国人労働者などでも、条件をクリアしていれば利用ができます。

Read More...

投資用マンション

積み木とお金と電卓

不動産投資は今人気の投資方法です。投資用マンションを購入し、入居希望者に貸し出す方法で家賃収入を得ることができます。マンションの購入は、一部屋だけを購入する区分マンションと、マンション丸ごとを購入する一棟買いがあります。

Read More...

一棟買いするなら

アパート

不動産投資を行なう時は、区分マンションや一棟まるごとを購入して投資する方法があります。アパートの場合は、一棟買いを行なうことが殆どになるでしょう。不動産投資としてマンション投資が人気とはいえ、一棟買いのアパート投資はマンションとくらべてお買い得な物件が多いことから、現在でも多くの人がアパート投資を行なっています。アパートを一棟買いする時は、その土地も一緒に購入することになります。アパートと土地を購入することになるので、資金は高くなると考えられがちですが、アパート投資はマンション投資よりも遥かに低い資金から投資を行うことができるのです。アパート一棟買い投資は、購入した土地は自らの資産になります。さらに購入したアパートを入居希望者に貸し出すことで、安定した家賃収入を得ることができるのです。アパートの一棟買いをする魅力としてお買い得だということが挙げられますが、他にも一棟買いならではの自由度があります。一棟買いするということは、その建物自体が自分のものになります。アパートとしてリフォームするのもいいですが、最近ではシェアハウスなどにリフォームして投資するケースも増えています。シェアハウスは、近年最も注目されている物件といってもいいでしょう。シェアハウスであれば、利用者が一人退出しても他の利用者がいる限りは家賃の収入がゼロになることはありません。アパートであれば、長期的に入居を考えている人も多くいるので、一棟買いをしても長い目で見て安定した収入を得ることができるといえるでしょう。

アパートのリフォームは、木造や軽量鉄骨で建てられていることが多いので、大掛かりな工事になったとしても、マンションよりも安価で行なうことができます。一棟買いすることで、将来的に購入したアパートが必要無くなった時でも、土地を売却することもできます。

アパートとマンション

硬貨と模型

アパート経営と、マンション経営は似ていますが全く違う経営方法になります。アパート経営は一棟を購入し運営する方法で、マンション経営は一部屋だけを購入し、入居者に賃貸する方法です。

Read More...