アパートとマンション|不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

スーツの人

アパートとマンション

硬貨と模型

物件を購入し、入居者に貸し出す不動産投資としてアパート経営とマンション経営があります。アパート経営もマンション経営も似ていますが、全く別物となります。まずアパート経営とは、基本的にアパート一棟そのものを購入し経営する方法になります。アパートの購入は、マンションの購入よりも資金が少なく済むことが多いので、不動産投資としても人気のある投資方法になっています。そして、マンション経営は区分マンションから一部屋を購入し、入居者に賃貸する方法です。マンション経営は、一棟丸ごとを購入する方法もありますがそれにはかなりの資金が必要になってきます。一部屋だけを購入する方法であれば、資金を抑えることもでき、手軽に不動産投資を始めることができるのです。資金に余裕があれば、購入する部屋数を増やすこともできるので、自由に運営することが可能です。アパート経営を将来的に考えているけれど、いきなり一棟を購入するのは不安がある場合は、まず区分マンションを一部屋購入し、マンション経営から始めてみるのもいいでしょう。アパート経営は、一棟丸ごとを自分で管理する必要がありますが、マンション経営で一部屋だけを運営する場合は、マンションそのものの管理をする必要はありません。また、購入した一室を賃貸する時も、管理会社があるのでそちらと契約しておくとオーナー側は部屋を入居者に貸し出すだけで、管理は管理会社が全て行なってくれます。手数料などが引かれた分、口座に振り込まれる形になるので、マンション経営は手間も掛からない投資方法となっています。また、賃貸する物件を入居者が長期的に利用することがあれば、その分安定した家賃収入を得ることもできます。