投資用マンション|不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

スーツの人

投資用マンション

積み木とお金と電卓

今人気の投資方法として、不動産投資があります。不動産投資といっても様々な方法があり、その中でも最もポピュラーな不動産投資として、投資用マンションがあります。投資用マンションとは、その名の通り不動産投資をするために建てられたマンションのことで、マンションを購入した人が住むのではなく、購入した人が投資を行なうために販売されるマンションのことをいいます。投資用マンションで得ることのできる利益として、入居者に貸し出すことにより、長期的にも安定した家賃収入を得ることのできる方法です。現在日本では、この家賃収入で利益を得る不動産投資が一般的となっています。他の投資方法として、投資用マンションの価格が低い時に購入して、景気などの変動に合わせて購入した時よりも価格が高騰した時に、そのマンションを売却して利益を得る方法があります。

投資用マンションは、大きく分けて二種類に分けることができます。1つは区分マンションです。区分マンションとは、マンションの一室だけを購入することをいいます。投資用マンションとして一室を購入し、利用者に貸し出すことで一室分の家賃収入を得ることができます。区分マンションには、一人暮らし用のワンルームとファミリー向けの広いタイプの部屋があり、価格はファミリー向けの方が高く設定されています。そしてもう一つは一棟買いになります。一棟買いとは文字通りマンションを丸ごと購入し、投資用マンションとして利用する方法です。一棟買いの場合は、マンションだけではなく土地そのものも自分の物になるので、場合によっては土地を売却して利益を得ることも可能です。一棟買いはそれなりの資金が必要となりますが、区分マンションとは違い自由度は非常に高いです。