家賃債務保証会社を活用|不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

不動産投資はアパート経営とマンション経営の二種類がある

スーツの人

家賃債務保証会社を活用

レディ

高齢者や外国人でも、安心して賃貸住宅へ入居ができるように家賃債務保証があります。高齢化社会になり、身寄りのないお年寄りの一人暮らしも増えてきました。また、日本へ出稼ぎ労働として外国人も多く、賃貸契約の時に必要な連帯保証人を立てることが難しいというのが現状です。家賃債務保証サービスは、そんな入居希望者のために連帯保証人の代わりになるサービスです。賃貸住宅を運営している貸主にとっても、家賃債務保証を間に挟むことで家賃不払いの心配がなくなります。今まで賃貸住宅を借りたくても借りることができなかった場合、家賃債務保証会社の指定する保証金を収めることで利用することができます。

家賃債務保証とは、賃貸住宅を借りる借主が、何らかの事情で家賃を支払わなかった場合、借主に代わり家主に滞納分の家賃支払いを行ないます。家賃支払いを保証してもらうことができるので、連帯保証人がいなくても家主は安心して入居者へ賃貸住宅を貸し出すことができるのです。家賃債務保証会社が支払った分の滞納家賃は、借主へと請求します。借主の支払うべき家賃の立て替え払いとなります。これまで家賃の滞納や不払いが行われた時は、家主が不動産業者に依頼して支払いを促すか、直接取り立てに行く方法しかありませんでした。しかし家賃債務保証を利用することによって、借主との直接的なやり取りをする必要がなくなり、家主への負担も減らすことができます。家賃債務保証の利用は、家賃債務保証会社によって幾つか条件がある場合もあります。大体は家賃を支払うだけの能力や収入があるかどうか、また過去に家賃滞納の経歴はないかなどです。外国人の場合は、在留カードや特別永住者証明書などが必要です。